株式会社スターサンズ STAR SANDS, INC.

作品情報

作品情報一覧に戻る

51(ウーイー) 世界で一番小さく生まれたパンダ

DVD絶賛発売中

スタッフ
監督:塩浜雅之
撮影:関雄宇、張玉均/編集:小島俊彦『河童のクゥと夏休み』『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』、楊小雨/音楽:平井真美子『白夜行』『60歳のラブレター』、企画:張志和/張雲暉
主題歌:「翼をください」ミゲル(ユニバーサルミュージック)、題字:金澤翔子(NHK「平清盛」健仁寺奉納「風神雷神」)
キャスト
ナレーション:長谷川潤、徳山宰極

公式サイトhttp://starsands.com/panda51/

ママ ぼく、生きる。

超未熟児パンダ51(ウーイー)とお母さんパンダとの切ない絆


体重わずか51グラムという世界で一番小さい超未熟児パンダとして生まれた「ウーイー」(中国語でウー=5,イー=1の意)。ここで描かれるのは、通常の1/3の大きさで、動いていることさえ不思議なか弱い命をつなげようと奔走する飼育員、明らかにされる自然界の厳しい掟、そして母と子の切ない絆。過酷な運命の中でも一生懸命に生き、そしてけなげに成長しようとするウーイーの姿からは、生きる勇気と命の大切さが伝わってきます。


中国・成都にあるパンダ研究基地で記録された膨大な映像資料からは、現代の私たちが抱える問題にも通じるパンダの生態が浮かび上がってきます。パンダの世界にも「想像妊娠」や「育児放棄」があって、子育てが出来ないお母さんパンダがいるのと同時に、自分が産んでいない仔パンダを育てる「代理母」のような存在もいるのです。そんなお母さんパンダの悩み苦しむ姿と仔パンダに示す深い絆と愛情は、強い共感と感動を呼びおこします。

映画祭&受賞歴

制作:ドラゴンフィルムズ 配給:スターサンズ 配給協力:ユナイテッド・シネマ 宣伝協力:ティー・ベーシック

©2012「51 世界で一番小さく生まれたパンダ」製作委員会 2012年/日本/ドキュメンタリー/80分/カラー/デジタル

学校や公民館、カフェ、イベントスペースなどで、スターサンズ配給作品の自主上映が可能です。
上映方法や上映料の設定など、各作品によって異なりますので、詳細は担当者までお問い合わせください。

自主上映お問い合わせはこちら

このページの上部へ