?? 作品情報『牛の鈴音』|STAR SANDS スターサンズ

株式会社スターサンズ STAR SANDS, INC.

作品情報

作品情報一覧に戻る

牛の鈴音

スタッフ
監督・脚本・編集:イ・チュンニョル
製作:スタジオ・ヌリンボ/プロデューサー:コー・ヨンジェ/撮影:チ・ジェウ/音楽:ホ・フン、ミン・ソユン
キャスト
チェ・ウォンギュン、イ・サムスン

公式サイトhttp://www.cine.co.jp/ushinosuzuoto/

そのおいぼれ牛は、お爺さんと一緒に、30年も働き続けた。

老いた農夫と一頭の牛の暮らしを見つめた『牛の鈴音』(うしのすずおと)。ナレーションもなく大きな事件もおこらないこの静かな映画が、何と全てのドキュメンタリー 映画の記録を塗り替え、韓国映画界に奇跡をおこした!2009年1月15日にアート作品専門の7館で封切られると、口コミによって観客が押しかけ、 またたく間に全国150館に拡大。公開7週目、8週目には大手メジャー作品を抑えて2週連続興行成績ベスト1を獲得。“なぜこの静かな映画が、 これほどの大ヒットになったのか”と数々のメディアに取り上げられ、累計約300万人動員という驚異的な記録を達成。「牛の鈴症候群」と呼ばれる社会現象まで巻き起こした。

スクリーンに映るのは、韓国の田舎の美しい四季、無愛想で頑固な老人、 口喧しいお婆さん、山のような薪を背負い働く老いた牛。それは、忘れてしまった温かいものたち。ちりん、ちりんと鳴る牛の鈴音が消えるとき、 「これを見て泣かない人は人間ではない」と地元紙が伝えた理由がきっとあなたの胸にも響く。

79歳になる農夫のチェ爺さんには、30年間もともに働いてきた牛がいる。牛の寿命は15年ほどといわれるのに、この牛は40年も生きている。今では誰もが耕作機械を使うのに、頑固なお爺さんは牛と働く。牛が食べる草のために畑に農薬をまくこともしない。そんなお爺さんに長年連れ添ってきたお婆さんは不平不満がつきない。しかし、ある日、かかりつけの獣医が「この牛は今年の冬を越すことはできないだろう」と告げる……。

映画祭&受賞歴
  • 第13回プサン国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞
  • 第34回ソウル インディペンデント映画祭 観客賞
  • 第16回カナダ ホット・ドックス国際ドキュメンタリー映画祭 アーティスト賞
  • 2009年サンダンス映画祭 ワールド・ドキュメンタリー部門正式出品
  • 第45回韓国百想藝術大賞 新人監督賞 ほか

宣伝:ムヴィオラ 提供:スターサンズ 配給:ビターズ・エンド、スターサンズ

© 2008 STUDIO NURIMBO 2008年/韓国映画/78分/カラー/ドルビーステレオ/HD→35mm/1:1.85/原題:ウォナンソリ(牛鈴の音)/英語題:Old Partner

学校や公民館、カフェ、イベントスペースなどで、スターサンズ配給作品の自主上映が可能です。
上映方法や上映料の設定など、各作品によって異なりますので、詳細は担当者までお問い合わせください。

自主上映お問い合わせはこちら

このページの上部へ