株式会社スターサンズ STAR SANDS, INC.

作品情報

作品情報一覧に戻る

Netflix『新聞記者/The Journalist』

2022年1月13日配信START

スタッフ
監督:藤井道人
キャスト
米倉涼子、綾野剛、横浜流星

公式サイトhttps://www.netflix.com/jp/title/81317111

  • 遠い世界の話じゃない。これは、この社会を生きる、あなた自身の物語──。

    2019年6月に劇場公開され、大ヒットを記録した映画『新聞記者』。
    2022年1月、衝撃の問題作がさらにスケールアップし、
    Netflixシリーズとして全世界同時配信!!
    「現実にリンクする社会派エンタテインメント」、「リアルを撃ち抜くフィクション」という映画版のコンセプトとスピリットはそのままに、今回はキャストを一新。
    全6話というボリュームを生かし、膨大な人数が関わった事件をより多面的に掘り下げた、
    まったく新しい物語となっている。

    不屈のジャーナリスト魂を持つヒロインの松田杏奈を演じるのは、数々のドラマ、映画、舞台に出演してきた米倉涼子。
    また総理夫人秘書として国有地払い下げに関わる若手官僚・村上真一役には、人気実力とも日本映画の最前線を走る綾野剛。
    新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮には若手人気俳優の横浜流星が起用され、映画版にはなかった一般市民、特に若者の視点を作品に取り込んだ。

    全6話分の監督は、映画『新聞記者』から引き続き藤井道人。
    ソリッドで洗練された映像スタイルと人間に対する透徹した眼差しを併せ持ち、現代社会が抱えるリアルな病巣を、抜群のバランス感覚で間口の広い社会派エンタテイメントに仕立てあげる手腕は、2019年の映画版でも証明ずみ。
    加えて今回のNetflixシリーズでは、職業や階層、立場の異なる人々を丁寧に描くことで、誰もが自分を投影できる人間ドラマへと昇華させた。

    Netflix版『新聞記者』が描き出すのは、国民の知る権利を守ろうと闘うジャーナリストだけではない。

    さまざまな正義がせめぎ合うドラマから浮かんでくるのは、「集団と個人」という普遍的モチーフ。組織が越えてはならないラインを越えそうになったとき、果たして個人に何ができるかという切実なテーマだ。
    その意味で「新聞記者」は、遠い世界の話ではない。
    この社会を生きる、あなた自身の物語でもある。

    制作:Netflix
    制作プロダクション:スターサンズ

このページの上部へ